合コンのセッティング方法

  • 打ち合わせのときの対応のよしあしで「期待値」が高まることもあれば、「第一印象」ならぬ「第ゼロ印象」をマイナスにすることもあります。

    ですから、幹事は礼儀を持って打ち合わせに臨みたいものです。

    基本中の基本としては、打ち合わせには必ず「メール」を使うこと。

    電話は相手の都合の悪いときにかかってしまう可能性がありますし、会社や人前で「合コン」だとなんとなくわかる話をするのは気が引けるもの。

    その点、メールは相手先の都合のいいときに読んでもらえるので、大きな声ではできない打ち合わせにビッタリです。

    また、相手のメールアドレスが会社のメールだとわかる場合は、件名や文中に「合コン」という言葉を使わないほうがいいでしょう。

    会社によっては社員のメールをモニタリンク(監視)しているところもありますし、中身は見ないまでも、「件名」だけはというところも、まあ、そういう会社に勤務している人は最初から自宅のメールアドレスに送るように指定してくる場合が多いですが、そうでなくても「例の案件ですが」とか○月○目のミーティングに関してですが」などと言ってあれば、「この女性はいろいろ気を追ってくれているんだな」と相手も思うことでしょう。

    そして、[気配りができる女性」というイメージが、おつきあいや結婚を意識させるキッカケになるかもしれません。

    それから、「メールのレスポンスは迅速に」。

    レスポンスが速いほど「楽しみにしていてくれるんだな」という気持ちが伝わって、当日の期待度もどんどん増します。

    遅いと「あんまり楽しみにしてくれてないのかも」と、ネガティブに思われてしまいます。

    もちろん、チャットのようにタイムラグなしに返信する必要はありませんが、会社を休んで1日メールが見られないようなときは、その旨を伝えておいたほうがいいでしょう。

    定期的にパソコンメールをチェックできない人は携帯メールに送ってもらうようにお願いしておくこと。

    そのほか、当たり前のことですが、

    「用件はわかりやすく的確に言く」

    「妙に慣れ慣れしい雰囲気を出さないこと」

    「バカっぱい絵文字を多用しないこと]も大事です。

    たかが合コンの「打ち合わせメール」ですが、相手はそこにあなたの知性を読み取っているのです。